施工管理技士の仕事|建築士と施工管理の採用・求人は株式会社アーキ・ジャパンにお任せ!

施工管理技士を目指すために必要なこと

施工管理技士になるには

施工管理技士には国家資格があり、各分野で一定水準以上の知識と技術を有していると国に認定されることではじめて施工管理技士になれます。これからその施工管理技士の資格の種類についてご紹介します。

施工管理技士の資格の種類

建設機械施工技士

建設施工技士は、施工管理技士の中では一番古い資格で、他の資格と比較して合格率がかなり高いです。試験の内容としては、重機や建機などの操作試験と建設機械についての筆記があります。建設機械を操作して作業する現場の方には必須の資格でしょう。

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、河川や道路、鉄道また上下水道などの土木工事が必要な現場で現場監督として活躍ができる資格です。土木施工管理技士は一級と二級では業務内容が大きく異なるので、受験する際には注意しましょう。

建設施工管理技士

建築施工管理技士は施工管理技士の中でも人気が高い資格で、現在の建築業界においてかなり活躍できる現場が多いです。建設施工管理技士の資格は建築、躯体、仕上げの三つに分けられており、全ての資格を取るためには最低3回の受験が必要です。

電気工事施工管理技士

電気工事などの現場で活躍できるのが電気工事施工管理技士になります。電気工事施工管理技士と似た資格としては、電気工事士や電気主任技術者などがあり、そのどれもが企業にとって重宝される存在です。特に電気主任技術者は取得難易度が高く、取得が難しいとされています。

施工管理技士の仕事

JOBS

施工管理とは

施工管理とは建築現場において工事のプロセスを確認し、施工スタッフや周りの環境などの安全性を確保する監理を行なう仕事です。また、他にも工事の品質を向上させるために、発注者との打ち合わせを行ったり、資材などの品質管理をしたりするのも仕事の一つです。

施工管理技士を取得するメリット

施工管理技士になることで、現場を監督できる立場になることができます。そしてその結果、給与もアップしますし、昇進もできることでしょう。また、転職する際にも、施工管理技士の資格を取得していることで採用への大きな武器になります。そのため、最近では施工管理技士の取得を目指す方も多いのです。

施工管理技士の受験資格

しかし、施工管理技士の試験を受けるためには、一定の学歴と実務経験が必要になってきます。そのため、施工管理技士を目指している方はまず、ご自身が受験資格の条件を満たしているのかをチェックしておきましょう。